モンスターカレンダー

 2015年5月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

新卒必見!面接で受かるための身だしなみと受け答え

学校卒業後の人生がかかっているといっても過言ではない就職試験。

もちろん試験も大切ですが、面接がとにかく難関!新卒者用の面接の受け答えや身だしなみに関する本もたくさんあり、ほとんどの人がこれを参考に面接にのぞんでいるのではないでしょうか?

しかし、ライバルとなる人たちも同じような本を当然読んでいるのですから、本の通りの受け答えでは面接官に自分の考えではないとばれてしまい、心証が悪くなるかもしれません。

ah4.jpg

そこで、面接のときに気を付けたのは本を読み過ぎないということと、自分の考えを自分の言葉で話せるようにしておくことです。面接を初めて受けるときはかなり緊張しますが、何度も受けているとどのような質問が来るのか、どんな雰囲気で行われるのかが当然分かってきます。自分が答えた内容を面接官がどのように受け止めたかも何となく分かってくるものなので、できれば本命の面接の前にいくつか少しレベルが高いと思われる会社の面接を経験できれば安心して本番にのぞめます。

また、身だしなみは当然大人としての常識を見られることになるので、無難なスーツと黒髪を清潔にまとめるということになりますが、ここで考えなくてはならないのが、その服装や髪形が自分に合っているかなのです。髪やひげが伸び放題というのはもちろんNGです。濃いひげってのも印象がわるくなるので、困っている人は、【ひげ脱毛千葉】を参考に脱毛して下さい。

模範通りの服装を真似しても、なんだか変な人っていますよね!「面接のために本を模範通りのスーツを着てきました」という感じの人。それに対して好感を持ってくれる会社ばかりではないので、社風によっては工夫が必要なのかもしれません。

みんなと同じ服装と髪型では、当然大勢のなかの一人として埋もれたしまい、まったく印象に残らないので、自分らしさが少しは見えたほうが良いようです。

当然、容姿で面接の合否を決める会社は少ないのですが、その人の人柄や雰囲気をつかむためにはかなり見られる部分でもあります。

私の友人はどうしてもみんなと同じ地味な服装が嫌で、リクルートスーツではなくバリバリ働くキャリアーウーマンのようなスーツを着て面接に行きました。彼女の雰囲気や普段の服装とギャップがなく自分らしさを出せたようで、見事に合格し楽しそうに仕事に行っています。

 

面接を受ける前に社風などを先輩やインターネットの情報を元に調べておくと、どのような人材が求められているのか分かるのではないでしょうか?